中医学から見る新型コロナ感染の対応(ツボ編)

カテゴリー/ ブログ |投稿者/ 心ねっと鍼灸院
2020年04月27日

世界規模で感染か広がっている新型コロナウイルス。マスク、消毒液をつかいウイルスを身体にいれないという予防対策はもちろん効果的ですが、ウイルスが体に入ってきても、やっつけられるくらい身体を強くしておくことも大切だと思います。つまり免疫力を高めるということです。東洋医学的に簡単に免疫力を上げられる予防法と免疫力を上げるツボを紹介したいと思います。

免疫力を高めるには、①体温を高めること ②腸内環境を整えること ③生活習慣を改善すること ④治療になります。
 
①体温を高める事により、血流が促進され体内の異物への攻撃に素早く反応。体温が1度下がると30%も免疫力が低下すると言われています。もともと低い方もおられますが、免疫細胞が正常に働くには36.5度くらいです。体温が低い方は、適度な運動や食事・睡眠で体質改善を行いましょう。血行改善の漢方もおすすめです。
 
②免疫細胞の約6割は腸にて、善玉菌を多くすることで活発に動きます。ヨーグルトなどの乳酸菌や納豆・味噌・醤油などの発酵食品は善玉菌を増やし、免疫力を高めることが出来ます。私は日本に古来からある発酵食品をよく食べています。乳酸菌が腸の中で増えるためには乳酸菌にも食べ物をあたえなければなりません。中成薬に乳酸菌の餌になるものが有りますので試してみてください。口から大量の乳酸菌をとっても食事を与えてくれないと働いてくれません。

③生活習慣を改善するのは、食事・睡眠・運動になります。軽く汗をかく程度に運動を行い、20〜30分程度湯船に浸かり、最低6〜7以上の睡眠をとることを心がけてください。食事も腹八分目を心掛けると胃腸を休ませることにもなって調子がよくなります。

④治療とは鍼灸や漢方薬治療です。鍼やお灸でツボに刺激を与え免疫力を上げることに繋がります。漢方もその人、その時、その体質によって様々ですので中医学に詳しい治療所で相談されるのがいいです。

ツボ刺激で免疫力UP

免疫力を高めるにはお灸がおすすめです。お灸の熱刺激ともぐさの薬効成分が免疫力を高めてくれます。ヨモギはヨーロッパではハーブの女王と言われるほど様々な効果がある薬草で浄血、増血、止血、消毒、殺菌、鎮静、鎮痛作用など万能薬です。またもぐさの匂いにはリラックス効果もあります。私がよく使うツボをいくつか紹介します。押したりお灸したりしてみてください。当院にもあつかいやすいお灸を販売しておりますのでお聞きください。

1、兪府(ゆふ)
鎖骨と胸骨の角。鎖骨の下縁をなぞりながら体の中心に移動させ止まった所

2、大椎(だいつい)
 頭を前に倒すと首元にボコっと飛び出る骨があります。その飛び出た骨のすぐ下の凹み。

3、陽陵泉(ようりょうせん)
膝の外側の真横下にある突出した骨の下のくぼみの所

4、手三里(てさんり)
肘を曲げたときにできるシワに人差し指を置き指3本分の所

5、足三里(あしさんり)
膝の骨の下にある外側のくぼみに人差し指を置きそこから指4本分の所

6、承山(しょうざん)
膝裏の中心と足首を結んだほぼ真ん中の所

衛気を高めると自然免疫バリア機構が活性化します。身体は目の涙により殺菌、鼻と口で鼻水、痰、唾液など、咽頭の繊毛上皮や粘膜、胃の胃酸などが身体の第一線で身体を守ってくれています。上記のツボを刺激すると分泌が促進され身体のバリアがしっかりします。

Top